高反発・低反発マットレスの長所と短所は?

そもそも高反発と低反発のマットレスの違いって何?

高反発マットレスで有名なモットンですが、そもそも

 

高反発マットレス

 

って何でしょうか?

 

 

その一方で、テンピュールに代表されるような

 

低反発マットレス

 

という種類もあります。

 

 

これらの2つの違いって何でしょう。

 

 

自分には高反発、低反発のどちらを選べばいいのでしょうか?

 

 

そう悩んでいるあなたに、

 

高反発マットレスと低反発マットレスの違いをまとめてみました。

 

 

高反発と低反発の違い

高反発マットレスと低反発マットレスの違いは、ずばり

 

体の沈み方

 

です。

 

低反発マットレスは高反発マットレスに比べて

 

どっぷりとマットレスの中に沈みます。

 

 

それに比べて高反発マットレスは

 

それほどマットレスに沈むことがありません。

 

 

一言で言うと、

 

体が沈みやすいか沈みにくいか

 

の違いです。

 

 

 

低反発マットレスはこういう人に向いています

 

低反発マットレスは

 

  • 寝心地を求める人
  • 肩こり、腰痛に悩んでない人

 

が向いています。

 

 

低反発マットレスは体がゆっくりと深くまで沈むので、

 

全身が包まれているかのような感じになります。

 

 

低反発マットレスに寝て、すぐにどいてみると

 

マットレスに自分の寝ていた跡がくっきりと残ります。

 

 

この深くまでゆっくりと沈む感じが

 

非常に寝心地をいいもの

 

にしてくれます。

 

 

しかし、低反発マットレスには1点良くない点があります。

 

 

それは

 

体が沈み過ぎてしまうこと。

 

 

普通の人にはあまり関係ないことなのですが、

 

肩こりや腰痛持ちの人にとってはこれはかなり致命的なのです。

 

 

体の中で頭と腰は最も重たい部分とされています。

 

 

この部分が必要以上に沈むと、そこに体圧がかかり圧迫されて

 

肩こり、腰痛が悪化してしまうのです。

 

 

また、普段から寝返りをうつ人もあまり向いていません。

 

 

低反発マットレスは体がかなり沈むため、

 

寝返りがうちづらいからです。

 

 

無理に寝返りをうとうとすると寝ている間に無意識に力が入り、

 

朝起きても疲労感が残ってしまうのです。

 

高反発マットレスはこういう人に向いています

高反発マットレスは低反発マットレスとは違い、

 

  • 肩こり、腰痛に悩んでいる人
  • 寝返りをよくうつ人

 

に向いています。

 

 

高反発マットレスはある程度は体が沈みますが、沈み過ぎないため、

 

マットレスの面全体で体を支えることができます。

 

 

なので、頭や腰回りなどは沈み過ぎないため体圧を全体に分散させることができます。

 

 

また、反発力があるため、普段寝返りをよく打つ人ほど

 

力を入れずに寝返りが打てるため、

 

起床時に疲労を感じることが減るのです。

 

 

しかし、高反発マットレスは色々なところから色々な種類のものが出ています。

 

良いものもあれば、買ったはいいけどすぐに沈んでしまい底付き感があるような

 

偽物まがいの者もあります。

 

 

これらの見分け方はなかなか難しいのですが、

 

1つだけ言えることは

 

シングルサイズで2万円を切るようなものは避けたほうがいい

 

です。

 

 

まず、高反発マットレスは低反発マットレスに比べて

 

ウレタンを高密度でたくさん使います。

 

なので、総じて低反発マットレスよりも高価です。

 

 

だいたい高反発マットレスの場合、シングルサイズで3〜5万円の間になります。

 

各社が色々と努力しての値段なので、それ以下の格安のものだと

 

スカスカのウレタンか、よくわからないものが混じっている可能性が高いです。

 

私が使用している高反発マットレスのモットンの感想をまとめてみました。
興味のある方はコチラへ。