裏側がカビる?モットンがカビてしまう理由とその対処法

万年床さんは要注意!モットンの裏面の湿気とカビの関連性

 

モットンの口コミでマイナス部分として臭いとツートップを飾る

 

「湿気とカビ」

 

この湿気がたまりにたまった結果、

 

マットレスの裏面にカビが生えた

 

という報告をよく見かけます。

 

 

なぜこんなに湿気がたまってしまうのか。。。

 

それは

 

ウレタンの性質でも紹介した

 

気泡

 

と関連します。

 

このページでは、なぜ通気性がカビの原因となるのかを詳しく解説します。

 

 

気泡と湿気の関連

 

ウレタン素材は内部に

 

大量の気泡

 

がに存在します。

 

 

この気泡が空気を通りやすくして

 

通気性を確保

 

します。

 

 

通気性が良いと汗をかいてもそれが肌とマットレスの間にたまらず

 

就寝時のベト付き感から解放してくれます

 

 

睡眠の質を上げるには、通気性はとても重要なものです。

 

しかし、

 

この通気性がカビの原因となる場合があります。

 

 

 

湿気とカビの関連性

日本はかつて畳文化で畳の上に布団を敷くというのが当たり前でした。

 

しかし、最近はフローリングが主流になってきて畳は消滅しつつあります。

 

 

しかし、この

 

床の上に布団を敷く

 

という風習はやはりまだ残っています。

 

 

床にカーペットが敷いてあればまだカーペットが湿気を吸収し隙間から水分を蒸発させてくれるのですが、

 

フローリングに直接に布団やマットレスを敷くと、

 

フローリングとの接地面にたまった湿気が行き場所を無くし、

 

そこにカビが生える原因となってしまうのです。

 

カビを防ぐために必要なこと

 

このカビの発生を防ぐには、

 

「定期的にマットレスを立てかけて陰干しをすること」

 

「除湿シートなどを購入し、マットレスの下に敷くこと」

 

です。

 

 

カビは

 

嫌な臭いを発し睡眠を妨げる

 

だけでなく、

 

吸い込むことで喘息やアレルギーを引き起こす

 

といった健康に害を及ぼす元凶にもなります。

 

 

モットンの機能と実際に使った感想をまとめてみました。
興味のある方はコチラへ。

 

=>Topページへ戻る